宇都宮市行政書士 安野法務事務所 /栃木県
ご依頼方法 行政書士 安野法務 サイトマップ
行政書士 安野法務 ホーム 行政書士 安野法務 トピックス 行政書士 安野法務 サービス案内 行政書士 安野法務 リンク 行政書士 安野法務 スタッフ紹介 行政書士 安野法務 お問い合わせ



行政書士安野法務事務所

安野法務事務所から営業日等のお知らせ
 
 

定款認証は栃木県宇都宮市の行政書士 安野法務事務所にお任せください


電子定款認証サービス

電子定款認証  代行します

・印紙代4万円かかりません。 ・お得なサービスです。


安野法務事務所では、電子定款認証のみでも対応いたします。。

・ご自分で会社設立したいなんて方もいらっしゃると思います。

でも、紙の定款で認証を受けると印紙代が4万円かかってしまうのはご存知ですか?

電子定款では、印紙代4万円がかかりません、

そこで、電子定款の認証だけ誰かにお願いしたい。

そこで、当事務所では電子定款認証の手続きだけでも対応します。

                  いつでも、お問い合わせください。

 安野法務事務所からのご案内
 安野法務事務所では、会社設立についてのご相談、お手続きに対応しておりますが、お客様のご要望を考慮し、定款作成(一般的な定款)+電子定款認証代行のみサービスに注力しております。その場合、設立のための議事録作成等はご自身で作成するなどの対応が必要になりますが、当事務所の業務の効率化がはかれるためにお求めやすい価格設定といたしております。ぜひ定款作成+電子認証サービスをご検討ください。

 *当事務所で定款認証した後、お客様がご自身で手続をする場合                                     

    電子定款対応しています
     印紙代金4万円が節約できます。


 費用

 サービス内容  当事務所報酬
 @定款作成+電子定款認証代行の場合 5万円〜
 
下記は行政書士の先生向けのサービスです。

 行政書士向けサービス  当事務所報酬
 A電子定款認証の代行のみ(定款はご自身で作成)
*行政書士向けのサービスとなっております。

*定款をワードで作成しメールください。
3万円〜


上記は宇都宮公証役場管轄での価格です。

その他、実費として下記の料金が別途かかります。
                @定款認証代+同一情報(謄本)代 約53,000円
         Aお客様との郵送料 実費 1回 500円

定款作成+電子定款認証代行コースの定款は当社指定の基本的な定款になります。定款内容を吟味して作成したい場合は割増料金となります。

 定款目的記載例
 定款目的は上記記載例を参照してください。

設立登記に関しては別途司法書士にご依頼ください。


 法人設立手続
株式会社設立   NPO法人設立   LLP設立 
一般社団法人設立     

 


 
お問い合わせ先
    ぎょうせいしょし やすのほうむじむしょ
  行政書士 安野法務事務所

  栃木県宇都宮市江曽島1−5−16
  yasunohoumu@yahoo.co.jp
  tel 028-645-4780

   fax028-666-8237

  



定款認証は栃木県宇都宮市の行政書士 安野法務事務所にお任せください


   
 以下は電子定款認証の説明です
   定款とは

定款とは、会社の組織や運営方法など会社の基本的なルールを定めたものです。

定款は、会社を設立するとき、必ず作らなければならない非常に重要なものです。

定款には、会社の商号、事業の目的、資本金など会社の基本的な項目がまとめられています。会社は定款に記載されていること以外の活動を行うことはできません。

定款は発起人によって作成され、公証人役場で認証を受けることが義務付けられています。公証人の認証を受けて初めて定款はその効力をもちます。

この、会社設立時に作られた定款を「原始定款」と呼び、会社設立の登記をする際に、必要となります。

会社を設立する場合、必ず必要なことです。

  電子定款とは。

従来、紙で定款を作成し、それを認証していただきていましたが、収入印紙4万円が必要でした。

しかし、2004年より、電子媒体による定款認証が可能となりました。

この電子定款を利用した場合、電子のために印紙税法により非課税となり、収入印紙4万円が必要なくなり、かなりの恩恵を受けられます。

  電子定款の作成方法

@定款を作成し、公証役場と打ち合わせします。

A内容が確定したら、定款をPDFに変換します。

BそのPDFに電子署名をします。

C電子署名したPDFを法務省オンラインシステムで申請します

D公証役場に訪問します

ざっと、上記のような手順になります。

電子定款を作成する場合、電子証明書の発行や特別なソフトの購入などが必要です。

そのため費用がかかります。おそらく、印紙代4万払う以上の費用がかかると思います。(行政書士でも設備を入れていない先生も多いです)

ですから、自分で申請するよりも、完備している行政書士に依頼するのは賢明だと思います。

設備を完備していない行政書士の先生からの依頼も受けております。ご連絡ください。
  当事務所に依頼いただいた場合のスケジュール

@まずはご連絡ください。

A当事務所に定款作成も依頼されるのか、定款はご自身で作成し、電子定款認証代行のみを依頼したいのか明確にお伝えください

(以下、電子定款認証代行のみの場合)
B定款はご自身で作成してください、その場合ワードで作成してください。

C定款のデータと、発起人の印鑑証明書をご用意し当事務所へお持ちください。

D定款案に基づいて当職が公証人と打ち合わせいたします。

E内容訂正の場合、当職が訂正いたします。

F定款内容が確定しましたら、委任状と定款見本に発起人全員の押印をしていただきます。
(定款案と委任状は郵送いたします)

G委任状と押印した定款は当事務所に郵送もしくはご持参ください。

H公証役場への受け取りは当事務所で行います。

I認証完了後。定款、同一情報等受け取りました資料はお渡しいたします。

定款認証は栃木県宇都宮市の行政書士 安野法務事務所にお任せください

 ホーム(トップページ)  ・トピックス  ・料金一覧表  ・リンク集  ・事務所・スタッフ紹介
 ・お問い合せ  ・ご依頼方法  ・サイトマップ    

copyright(c)2008 宇都宮市行政書士 安野法務事務所 . All Rights Reserved.