宇都宮市行政書士 安野法務事務所 /栃木県
ご依頼方法 行政書士 安野法務 サイトマップ
行政書士 安野法務 ホーム 行政書士 安野法務 トピックス 行政書士 安野法務 サービス案内 行政書士 安野法務 リンク 行政書士 安野法務 スタッフ紹介 行政書士 安野法務 お問い合わせ



LLP法人の設立手続

LLP設立は栃木県宇都宮市の行政書士 安野法務事務所にお任せください


  LLPとは

・有限責任事業組合といい、新しい事業形態です。
平成17年より施行された有限責任事業組合契約に関する法律によって、民法組合の特例として制度化。
通称LLPといいます。
   LLPの特徴

・株式会社と民法組合の利点を取り入れた組織形態であります。

@有限責任
構成員全員が有限責任であり、出資の限度でしか責任を負いません。

A内部自治
運営方法について、取締役会や株主総会のような決議なしに、出資者の総意で自由に決められます。
また、儲けや損失が発生した場合、出資比率によらず、内部の話し合いで自由に決められます。

B構成員課税
LLPで生じた損益に対して、LLP自体には課税されません。
損益の分配を受けた出資者に直接課税されます。

株式会社の場合・・・法人がまず法人税を払い、個人は所得税を払う二重課税になります。

Cその他
LLPの場合は出資者=業務執行者になります。
株式会社のように出資者と業務執行者を分離することはできません。
   LLPの要件

@組合契約書の作成
LLPとして事業を行うためには、まず出資者が契約を結ばなければなりません。

A組合契約の登記
事務所の所在場所を管轄する法務局に、組合契約の登記をする必要があります。

B開示義務
取引先はいつでも組合の財務データーの開示を求めることができます。

C共同事業要件
LLPの意思決定の際には、出資者全員で行うことが必要です。
   LLP設立の流れ

@組合契約の作成

記載しなければならない事項

・組合の事業
・組合の名称
・事務所の所在地
・組合員の氏名または名称(法人の場合)及び住所
・組合契約の効力が発生する年月日
・組合の存続期間
組合員の出資の目的とその価額
組合の事業年度

A出資金の払込

出資者は銀行口座に出資金額の全額を払い込みます
出資に関しては労務出資は認められません

B組合契約登記申請

登記事項

・組合の事業
・組合の名称
・組合員の氏名及び住所
・組合契約の効力が発生する年月日
・組合の存続期間
・組合事務所の所在地
・組合員が法人の場合は法人組合員の職務執行者の氏名及び住所
・法定の解散事由以外の解散の事由を定めた場合はその事由

その他

・組合の名称は類似商号の調査を行います
・登録免許税6万円がかかります
・公証人による定款の認証は必要ありません

C登記完了

設立までの期間は、だいたい10日くらいかかります
   行政書士 安野法務事務所では、LLPの設立、及び設立後の運営についてもご相談を受けております。

LLP設立は栃木県宇都宮市の行政書士 安野法務事務所にお任せください

 ホーム(トップページ)  ・トピックス  ・料金一覧表  ・リンク集  ・事務所・スタッフ紹介
 ・お問い合せ  ・ご依頼方法  ・サイトマップ    

copyright(c)2008 宇都宮市行政書士 安野法務事務所 All Rights Reserved