行政書士 安野法務事務所 /栃木県宇都宮市
ご依頼方法 行政書士 安野法務 サイトマップ
行政書士 安野法務 ホーム 行政書士 安野法務 トピックス 行政書士 安野法務 サービス案内 行政書士 安野法務 リンク 行政書士 安野法務 スタッフ紹介 行政書士 安野法務 お問い合わせ



行政書士試験について

行政書士試験(国家試験)

行政書士試験は、総務大臣が定めるところにより都道府県知事が行うこととされていますが、総務大臣の指定する者(指定試験機関)に委任することができ、現在は指定試験機関である(財)行政書士試験研究センターが全国統一試験を年1回実施しています。

    (財)行政書士試験研究センター

試験概要(行政書士試験研究センターより抜粋)

@受験資格 年齢、学歴、国籍等に関係なく、どなたでも受験することができます。

A試験日 毎年11月 午後1時から4時

B試験科目 
 試 験 科 目  内   容
 行政書士の業務に関し必要な
法令等(出題数46題
 憲法、行政法(行政法の一般的な法理論、行政手続法、行政不服審査法、行政事件訴訟法、国家賠償法及び地方自治法を中心とする。)、民法、商法及び基礎法学の中からそれぞれ出題し、法令については、その年の4月1日現在施行されている法令に関して出題します。
 行政書士の業務に関連する
一般知識等(出題数14題
 政治・経済・社会、情報通信・個人情報保護、文章理解

出題の形式は、「行政書士の業務に関し必要な法令等」は択一式及び記述式、「行政書士の業務に関連する一般知識等」は択一式とします。
※ 記述式は、40字程度で記述するものを出題します。

C受験手数料 7000円

D合格基準 

次の要件をいずれも満たした者を合格とします。
1、行政書士の業務に関し必要な法令等科目の得点が、満点の50パーセント以上である者
2、行政書士の業務に関連する一般知識等科目の得点が、満点の40パーセント以上である者。
3、試験全体の得点が、満点の60パーセント以上である者。
合格基準については、問題の難易度を評価し、補正的措置を加えることがあります。

  なを、上記掲載情報には最新の情報をご提供するよう心がけておりますが、内容の全てを保証するものではありません。


 ホーム(トップページ)  ・トピックス  ・料金一覧表  ・リンク集  ・事務所・スタッフ紹介
 ・お問い合せ  ・ご依頼方法  ・サイトマップ    

copyright(c)2008 行政書士 安野法務事務所 . All Rights Reserved.